スポンサーサイト

2015.05.11 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ペットの飼育頭数と飼い主の幸福度は比例する?

    2013.09.09 Monday

    0
      T&D保険グループのペット&ファミリー少額短期保険株式会社は、ペットを飼っている20〜70代の男女1,597人を対象に、『ペットオーナー幸福度調査』(インターネット調査)を実施。ペットオーナーの「幸福度」について、ペットとの生活でどれだけ幸福を感じているのか、10点満点での採点を質問したところ、全体平均が8.46点(犬オーナー:8.47点・猫オーナー:8.43点)とペットオーナーが非常に高い「幸福度」を感じていることが分かった。

       更に、ペットの飼育頭数別で数値を比較したところ、1頭飼いの方の平均(8.34点)よりも多頭飼いの方の平均(8.76点)が0.42点高い結果となり、ペットの飼育頭数の多さと「幸福度」の高さは比例する傾向が見受けられる。また、ペットの飼育年数別の比較では、犬オーナーと猫オーナーに顕著な差が見られた。

       犬オーナーは、ペットを迎え入れてからいったん「幸福度」が低下するものの(半年〜1年未満:7.83点、1年〜3年未満:8.17点)、一緒に過ごす年数を重ねるほど次第に「幸福度」が高まる傾向が見られる(7〜10年未満:8.52点、10年以上:8.62点)。対して猫オーナーはペットを迎え入れた時の「幸福度」の高さ(8.57点)から、年数を重ねる中で上下はあるものの、10年以上を迎えた頃にも飼い始め当初と変わらない幸せ(8.53点)を感じていることがうかがえる。

       同時に、「もし、自分のペットと一度だけ話ができるとしたら、一番何を伝えたいですか?」というアンケートを行ったところ、「愛くるしい仕草で、いっぱい癒してくれて、本当にいつもありがとう」「我が家の猫になってくれてありがとう。これからもいつまでも一緒だよ」など、≪ありがとう≫を筆頭に、≪愛している≫≪幸福・満足か聞く≫といった言葉・質問等が数多く集まり、ペットに対する愛情の度合いが色濃く出る結果となった。ペットは家族の一員として心を癒す大きな存在となっているようだ。


      【調査概要】
      ●調査対象 :全国の20〜70代の男女 (ペットを飼っている方)
      ●有効回答数:1,597サンプル (男性・1,080サンプル、女性・517サンプル)
      ●調査方法 :インターネットリサーチ
      ●調査期間 :2013年5月17日(金)〜2013年5月19日(日)

      スポンサーサイト

      2015.05.11 Monday

      0
        コメント
        コメントする