スポンサーサイト

2015.05.11 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    やっと下山できたワン 富士山頂で保護の迷い犬

    2013.07.30 Tuesday

    0
      やっと下山できたワン 富士山頂で保護の迷い犬 @S[アットエス] 7月30日(火)7時49分配信

       富士山頂での目撃情報が相次いでネットで話題になった迷い犬が、県御殿場保健所などが設置した捕獲器で保護され、29日午後、須走口5合目に下ろされた。動物病院で病気の有無を検査した後、民間団体が都内のシェルターで保護しながら、飼い主や引き取り先を探す見込み。

      2013-07-30-11.01.18

       関係者に「富士男」と名付けられた犬は、体長1メートルほどの茶色の雄犬で雑種とみられる。大きなけがは無く、登山者が餌を与えたためか、あばら骨が浮き出ていた24日の写真に比べ、少し太った様子。警戒心は強いが、人に慣れたしぐさを見せ、飼い犬の可能性が高いという。飼い主が分かるマイクロチップは体内に無かった。
       同保健所には既に「うちの犬かもしれない」という複数の問い合わせがある。渡辺重行衛生薬務課長は「登山者にも危害が無く良かった。環境の厳しい富士山頂に犬も登りたくはないはず」とペット同伴の登山自粛を訴えた。犬の保護を要請した保護団体「RJAV被災動物ネットワーク」(東京都)の佐藤厚子代表は「ネット上で支援の輪が広がり、早期に保護できた」と支援者に感謝し、迷い犬を含め、同団体が保護する犬猫70匹の引き取り希望者を求めた。
       犬の目撃は7月の山開き以降相次いだ。RJAVの要請を受けた保健所が24日に捕獲器を設置。29日午前3時ごろ、捕獲器に入った犬を山岳ガイドが発見した。

      スポンサーサイト

      2015.05.11 Monday

      0
        コメント
        コメントする